« 気掛かりを残しました。 | トップページ | 死期を迎えたようです。 »

2020年7月16日 (木)

ちょっと疲れています。

今日は、割と簡単な修理ばかりだったのですが、五件のご依頼を頂き、文字通り東奔西走しました。
一日でバイクで50k近く走り回り、充電切れもあり1kほど押し歩きました。
電池の残量が少なくなったと感じたところから、速度10k前後でパワーを掛けないように走ったのでハンドル操作にも気を使い、仕事ではなくバイクでの移動で疲れてしまいました。

修理は一件目が空気が入らないとのご依頼。
英式バルブですが、トンボ口金を使わず、ボート用の口金をねじ込んでお使いでした。
トンボ口金の使い方をレクチャーして、各部点検と、BBの玉当たり調整で終了です。

二件目は、鍵をなくされたとのことで、ワイヤー錠の切断です。
3分ほど掛かってしまいましたが、新しい自転車で、各部注油のみです。

三件目は、中古で手に入れられたとの電動アシスト自転車のサドル交換と、各部点検のご依頼です。
バッテリーの消耗は、良く分かりませんが、車両そのものはしっかりしていて、チェーン調整と各部点検・注油で完了です。

四件目は駐輪場でのパンク修理です。
お客様の帰宅時間に合わせて修理完了の予定だったのですが、自転車を見つけるのに手間取り、少しお待ちいただいてしまいました。

五件目のお客様への訪問時に、あと少しのところで、バイクの電池切れです。
パンク修理のご依頼でしたが、チューブのリム側でバーストです。
WOタイヤで、ステンレスリムだったのですが、タイヤに損傷はありませんでした。
リム噛みではありませんし、ステンレスリムは、タイヤが外れやすいのでしょうか?
大判パッチをチューブの内外に貼って、チューブ交換ではなくパッチ修理で対処しました。

« 気掛かりを残しました。 | トップページ | 死期を迎えたようです。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 気掛かりを残しました。 | トップページ | 死期を迎えたようです。 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.2℃
    36.0℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ