« 煎餅の自販機 | トップページ | 今日は修理のご依頼なし »

2020年5月 9日 (土)

サイクルシードを初めて取り付けました。

今日は三件のご依頼です。

一件目はクロスバイクのパンク修理のご依頼。
700cでシュワルベのチューブが使われていました。
バルブコアが取り外し可能な仏式バルブです。
一回目の水調べではパンク穴が確認できず、エアーを足しての2回目の水調べで漏れ箇所が判明しました。
そうです、バルブコアの緩みです。
締め直して、タイヤをセットし、5気圧まで空気を入れてバルブ部の水調べをしましたが、漏れは止まっていました。
5気圧にしたのは、トレッド面に小さいですがひび割れがあり、タイヤの寿命が近いと感じたからです。
お客様には、タイヤの状態を注意して使っていただくようお願いしました。
シュワルベ仏式バルブからのエアー漏れは初体験です。

二件目は、トレッドが摩耗してカーカス部のゴムが見えてきたとのタイヤ交換のご依頼です。
シティ車なのですが、毎月300k以上は走られるとのことで、シティポップスでも役不足のようで当店では初めてのサイクルシードを取り付けさせて頂きました。
シティポップスで一年ほどで使い切られたので、どの程度の年数使えるか楽しみです。

三件目は折り畳み小径車のパンク修理です。
バルブの近くで、折り目パンクでした。

 

« 煎餅の自販機 | トップページ | 今日は修理のご依頼なし »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 煎餅の自販機 | トップページ | 今日は修理のご依頼なし »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.2℃
    36.0℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ