« 難しい修理? | トップページ | ペダルを外せませんでした。 »

2020年4月18日 (土)

グリス 粘性抵抗

内装三段ハブをお使いで、先日チェーンの供回りと、後輪からの異音の修理をさせて頂いたお客様です。
別の電動アシスト自転車なのですが、後輪の回転が伸びないとのことで、ハブの玉当たりの調整のご依頼です。

回転を伸ばすために雨滴防止カバー 内のグリスを軽く拭い、ついでなので、駆動体ユニットも取り出して、ハブシェルとの間のグリスも少し拭き取りました。
玉当たりを取って、軽く回り、回転も伸びるようになったのですが、ローラーブレーキを取り付けるとやはり回転の落ちが早くなります。
ローラーブレーキ内の専用グリスの粘性抵抗の所為です。
でも、このグリスは必須なので抜けません。
この部分だけはご容赦をお願いします。
 

« 難しい修理? | トップページ | ペダルを外せませんでした。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 難しい修理? | トップページ | ペダルを外せませんでした。 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.2℃
    36.0℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ