« 川に捨てられた自転車の点検 | トップページ | リング錠つまみの代替え »

2020年2月27日 (木)

スタンド製造不良

今日は三件、四台のご依頼です。

一件目は、後輪のパンクとのことでしたが、この際、前輪、後輪とも割れがひどいタイヤ・チューブを交換したいとのご依頼。
お仕事でお使いの自転車なので、不安なまま乗られる事態は避けたかったので、ご依頼通り、タイヤ・チューブを交換しました。

二件目がタイトルの修理です。
スタンドのバネが外れましたとのご依頼です。
「バネはあります。他の部品にも異常はなさそうなのですが」とのことで、???と思いながらお伺いしました。
修理後の画像ですが、スタンドのロックのカシメピンが抜け落ちでいて、ロックが外れバネも外れたものです。
カシメピンの代わりに警音ベルの固定ねじを外してそのネジで固定しました。ナットが薄板だったので、ステンレスはんだで固定しています。
Kimg3606

お客様には、無償交換して貰うべき不具合ですとお伝えし、写真撮影のご許可を頂きました。
輸入元にも不具合の旨、問い合わせ窓口にメールでご連絡しましたがお客様の情報や車体番号等を聞き直すご返事ではありませんでした。
ご覧いただけると、何かの参考になるかもしれませんので、掲示しておきます。
Kimg3604  車種です。
Kimg3608 Kimg3609
GSM132006が車体番号と思われます。
2019-09の表示がありました。

勝手な思いかもしれませんが、通販の自転車では輸入元に不具合状況が届きにくいと思っています。
こんな形でも、不具合情報を届けることで自転車の品質が良くなってくれればとの願いです。

三件目は日没が迫った中、2台の修理のご依頼です。
一台は、前照灯の不点灯、もう一台は前輪が振れて走れないとのご依頼です。
先に簡単そうな前照灯から手を付けましたが、何故かブロックダイナモのローラーがタイヤに当たっていません。
ブロックダイナモの取り付け台座を曲げて、タイヤとの接触を確保して不具合解消です。
前輪の振れですが、何かにぶつかったのか、リムが変形しています。
無理やりの振れ取りで2mm位の振れまで修正しましたが日没でタイムアップです。
リムの変形が戻る可能性もあることをお伝えし、お使いの予定が後一年とのことで、暫くお使いいただいたのち振れが目に余ったら再修理しますとお約束しました。

« 川に捨てられた自転車の点検 | トップページ | リング錠つまみの代替え »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

大きく考えると・・・消費者を助けてはいけないのかもしれない。

スライムの時もそうですが、使っている人は困っているからと、何とか助けてしまう。
これが、いつまでたってもそういう製品を売るものたちをのさばらしてしまう。

スタンドの場合
「これは商品の欠陥だから、買ったところに文句を言った方がいいですよ。」

スライムの場合
「このパンクは直せません。買ったお店に持って行ってください。」


どこの自転車店でもそういわれれば、消費者は欠陥自転車のjeepは買わなくなり、スライムの入った自転車は買わなくなります。
消費者を助けてしまうから、なかなかそういう商品が無くならないのでは?


これは、以前僕がパソコンを教えるボランティアをしているときに感じたことです。
http://tonsan.boo.jp/tonsan/zakkan/zakkan.html#Anchor222634

トンサン コメントありがとうございます。

難しい命題です。
今のところ、線引きが出来ているのは、フル電動(モペッド)だけです。
それでも修理をお断りするときには心が痛みます。

今のところ辿り着いた答えが、
・修理はします。
・不具合情報は、発信します。
なのですが、発信力が足りません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川に捨てられた自転車の点検 | トップページ | リング錠つまみの代替え »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.3℃
    35.8℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ