« 壊すのが惜しいリング錠でした。 | トップページ | 2020.02.24の異物 »

2020年2月24日 (月)

今日は二件のご依頼です。

一件目はルイガノのクロスバイクのパンク修理のご依頼です。
チューブの接地面側にパンク穴は見つけたのですが、タイヤの内外を調べても異物は見つかりませんでした。
空気を入れた後、念のためにともう一度タイヤの外周をチェックしたら、異物が見つかりました。
原因はわかったのですが、チューブが細く、パッチ剥がれがちょっと心配です。
水調べでも、空気充填後の放置時間でも漏れはなさそうだったのですが・・・
パンク以外に問題があり、倒したことがあるそうで、ディレーラーハンガーが内側に曲がって、ローギヤでディレーラーケージがスポークに当たります。ご存じの不調で気を付けておられるそうですが、ディレーラーハンガーの交換をお勧めしておきました。
アルミフレームなのですが、エンド周りが窮屈でサイドスタンドもつけられていたのですが、左エンド側にはクイックレリーズのレバーの行き場がありません。
右側にクイックレリーズのレバーを置くしかありませんでした。

2件目は前照灯の不点灯の修理のご依頼です。
珍しく、玉切れでした。
修理は簡単に終わったのですが、リヤのリフレクターの白濁でリフレクター交換です。
車種は ESCORT TOWN L でした。

 

« 壊すのが惜しいリング錠でした。 | トップページ | 2020.02.24の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 壊すのが惜しいリング錠でした。 | トップページ | 2020.02.24の異物 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.3℃
    35.8℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ