« 2020.02.24の異物 | トップページ | 蝶穴の加工精度 »

2020年2月25日 (火)

チューブの劣化を考える

今日は持ち込みのパンク修理のご依頼が一件と、電動アシスト自転車のリング錠の閂のつまみが取れてしまったとのご依頼が一件です。

パンク修理のご依頼は、タイヤに3cm位の針金の先端5mm位が曲がって刺さっていました。
お客様にこれですねとお見せした際、お客様が抜かれてしまい、行方が分かりません。
かなり古い自転車で2009年の防犯登録シールが貼ってありました。
チューブはしっかり空気圧を管理されていたようで、殆ど損傷はありません。
Kimg3600
チューブの劣化を考えるときには、タイヤとの関係で起こる物理的な劣化(摩耗など)とゴムの化学的な劣化に分けて考える必要があります。
摩耗による劣化の原因は空気圧不足によるタイヤの変形が主になり、このようにしっかり空気圧を管理されていると劣化はほとんど進みません。
化学的に変化(劣化)する原因は紫外線、オゾン、銅害などですが、タイヤで守られていることや、銅害での劣化を受けにくいようにゴムに添加剤が含まれていることで、チューブは化学的な劣化を受けることはほとんどありません。
当店が、揉まれパンクで多少傷が深くても、修理して使い続けることをお勧めするのは、空気圧管理をしっかりして頂ければ、まだまだ使い続けることができるからです。
たまに、見誤りで、パンク予備軍を見落として、修理後にパンクが再発することがありますが、その場合はパンク修理との差額を頂いて改めてチューブ交換をさせて頂きます。
今回のチューブは、購入後に一度交換された形跡があり、何年ご使用になったのかは、不明です。

二件目のリング錠の閂のつまみは、中古の部品をつけさせていただきました。
鍵を失くされたとのことで、錠を交換した際、使えそうな摘みは、このようなケースに備えて保管しています。

« 2020.02.24の異物 | トップページ | 蝶穴の加工精度 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

「リング錠の閂のつまみ」・・・これ弱いんですよねえ。
経年変化で、樹脂が割れて破損する。
僕は雨傘の先端のキャップで代用したり、アルミ板を巻いたりしています。
今まで我が家の自転車は、3個ぐらい修理しています。
割れない金属で作ってほしいなと思います。

トンサン コメントありがとうございます。

弱いのに、補修部品の扱いがないので、使えるものは貯めていますが、自転車修理に関わっていないとなかなか手に入れる機会はないですね。

ちょっと思いついたことがあるので、試してうまくいったら、報告します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020.02.24の異物 | トップページ | 蝶穴の加工精度 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.2℃
    36.3℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ