« リング錠つまみの代替え | トップページ | エナクル修理完了 »

2020年2月28日 (金)

エナクル部品

今日は、お仕事で使われているエナクルの電源ランプが点滅してアシストされないとのご依頼からスタートです。
コントロール基板を使い切った中で、多分コントロール基板 だろうなと想像しながらお伺いしたのですが、電池は正常、SWボックスも部品を変えても変化なくコントロール基板 確定です。
ちょうどオークションに2個出品があったので、2個とも落札し、予備部品も確保です。
中古部品に頼らざるを得ない修理ですが、お客様が理解してくださっているので、暫くは修理を続けます。
面倒を見始めたころは、駆動モーターのトラブルが多かったのですが、最近は荷物量が減ったのかモータートラブルより、コントロール基盤、スイッチ部の故障が多いです。

続いて、2台の修理のご依頼です。
一台はブレーキの異音。
ローラーブレーキのグリス切れでしたが、まだ摩耗の限界には達していなかったようで、ローラーブレーキの注入で異音解消です。
もう一台は、後輪のパンク。
以前にバルブ根元修理をした自転車です。
チューブは寄って居ましたが、バルブ根元の剥がれの再発はなく、修理箇所は無事でした。
赤の硬めのリムバンドが使われていましたが、リムバンドとのエッジでチューブが削られたパンクでした。
リムテープでエッジの保護をして、パンク修理も完了です。
チューブには揉まれ跡がなく、しっかりと空気圧管理を励行してくださっているようです。
ご主人が、パンク修理を興味深そうに見てくださいました。
参考にはなったそうですが、いつかご自分で挑戦してくださるでしょうか。

« リング錠つまみの代替え | トップページ | エナクル修理完了 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リング錠つまみの代替え | トップページ | エナクル修理完了 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.3℃
    35.8℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ