« パンク対策にメーター付き空気入れをお勧めしました。 | トップページ | バルブ根元再発と修理法の選択 »

2020年1月16日 (木)

バルブ根元パンク修理時間

今日は3件のご依頼です。

一件目のお客様は、出勤前のパンク修理でお急ぎでした。
遅刻しない時間までの修理時間が15分しかありません。
取り出してみるとバルブ根元の剥がれです。
やすり掛けをして、接着剤を注入して、ホットブローが使えないので、ライターであぶって接着剤を固め、ゴム糊を塗って、ライターで乾かして、穴あきパッチを貼って、インシュロックを掛けてチューブセットして、空気を入れて、ギリギリ15分でした。
申し訳なかったのですが、各部点検と注油は省かせて頂きました。

二件目のお客様は、ブレーキが掛かりっぱなしで、ブレーキレバーがグラグラするとのこと。
ブレーキレバーとアウターのつなぎ部分で、ワイヤーが切れかかり、ほつれてワイヤーが戻らなくなっていました。
ブレーキワイヤーの交換です。

三件目のお客様は、折り目の擦れパンクです。周りの痛みはなかったので、パッチ処理をさせて頂きました。
点検で後輪の振れに気づいたのですが、お急ぎとのことで次の機会での修理となりました。

先日故障したコテライザーですが、空き時間で修理しようと前かごに放込んでいました。
走行中にかごの目からすり抜けたようで、無くなってしまいました。
新しいコテライザーを注文です。

もう一つ、プリンタが壊れました。
踏んだり蹴ったりです。

« パンク対策にメーター付き空気入れをお勧めしました。 | トップページ | バルブ根元再発と修理法の選択 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンク対策にメーター付き空気入れをお勧めしました。 | トップページ | バルブ根元再発と修理法の選択 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.8℃
    36.0℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ