« ホイール組再開です。 | トップページ | 2020.01.29の異物 »

2020年1月29日 (水)

ご依頼内容は同じでしたが

今日は4件のパンク修理のご依頼。
すべて、リピーターのお客様です。

でも原因も対処もすべて違いました。

一件目のお客様は、会社管理の自転車です。
担当の方と、自転車を探しましたが、パンクした自転車はありません。
2台ほど空気圧が低めの自転車があったので、虫ゴムを交換して空気を入れて完了です。
すぐ空気が抜けるようならご連絡下さいとお伝えしています。

二件目のお客様は前輪のタイヤ摩耗によるパンクです。
しっかりとチューブに路面で削られた跡がありました。
後輪の摩耗を心配されていたので、タイヤをローテーションして、後輪に新しいタイヤを付けました。

三件目のお客様はスーパーバルブ(底十字)のバルブからのエアー漏れです。
チューブの水調べもしましたが、チューブに穴はありませんでした。
スーパーバルブ(底十字)は部品として準備していませんので、シュワルベ英式バルブコアに交換させて頂きました。

*今までスペシャルGバルブと表記していましたが、スペシャルGバルブは(株)共和さんの商品名のようなので、今後はスーパーバルブ(底十字) に表記を改めます。

四件目のお客様は後輪の異物パンクです。
今朝まで道路が濡れていたので、今日はもう少し異物パンクが多いかなと思っていたのですが、最後に当たりました。
自転車であちらこちら走り回られるとのことで、パンクが心配とのこと。
しっかり作業を観察して頂き、やすり掛けと、ゴム糊の乾かしのポイントはしっかりお伝えしました。

« ホイール組再開です。 | トップページ | 2020.01.29の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホイール組再開です。 | トップページ | 2020.01.29の異物 »

パンク防止

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ