« 2020_01_08の異物 | トップページ | パンク集計をグラフ化しました。 »

2020年1月 9日 (木)

BBの左ワン脱落

ペダルがぐらつき、チェーンから異音がしましたとのご依頼でした。

リテーナー割れを想定し、万一に備えてディレーラーとチェーンも準備してお伺いしました。

お伺いすると、左ワンがBBから完全に脱落です。
チェーンやディレーラーに異常はなくこちらは一安心だったのですが、リテーナー割れの可能性が心配で左右クランクを外し、BBシャフトとリテーナーを取り出しましたが、リテーナーは左右とも無事です。

問題は、左ワンが緩んだまま長時間走行されたようで、BBの雌ねじが5山ほど潰れていました。

ねじを潰さず左ワンがセット出来るか、ちょっと心配しながら、左ワン工具を当てて、慎重にねじ込みしました。最初だけかなり抵抗がありましたが、うまく残ったねじ山にはまった様で、すんなりと締めこむことができました。

スライムパンク防止剤入りのチューブで、バルブコアの腐食があり前後ともバルブコア交換です。
虫ゴムは、あめ色でしたが、まだ新しいようでした。
あめ色のゴムのほうが強度は強いらしいですが、耐オゾン性は劣りますので、虫ゴムも黒ゴムに交換です。

外装変速のシフトアップがもたつきましたので、ワイヤーアジャスターで調整です。

乗って確かめて頂きましたが、気持ちよく走ってくれたようです。

小まめにメンテナンスはされているようで、時々某A社さんやちょっと離れていますがホームセンターの自転車屋さんで点検は受けておられたそうです。

今日は、もう一件、前輪のパンク修理のご依頼を頂きました。
ずいぶん長く乗っていますとのことでしたが、チューブ割れがピンホールの場所と一致したようです。
5cmぐらいの範囲で、予備軍があり、大判パッチでの対処をさせて頂きました。

« 2020_01_08の異物 | トップページ | パンク集計をグラフ化しました。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020_01_08の異物 | トップページ | パンク集計をグラフ化しました。 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.3℃
    36.4℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ