« 繰り返しお伝えすれば、分かっていただけることもあります。 | トップページ | ホイール組再開です。 »

2020年1月27日 (月)

安い自転車はお勧めしません。

事故にあう危険性が大きいものがあります。
すぐ壊れるもの(長持ちしない)があります。
乗りにくい自転車があります。

理由は
いま日本国内で販売されている自転車ほとんど全て中国で生産された部品を使い、中国で組み立てられています。
製造技術も以前よりは向上していると思いますし、すべての中国生産の自転車が粗悪なわけではありません。

でも、コスト重視で生産された自転車の実態はこちらのブログに嫌というほど書かれています。

f30-toraの中国製自転車での孤軍奮闘記録 

代表的な記事です。

中国自転車製造における孤軍奮闘記録−624−道路交通法違反

日本側の人命軽視に立ち上がろう!−2232−中国自転車製造における孤軍奮闘記録(自転車車検制度)

中国製自転車製造における孤軍奮闘記録−40−品質の差はこんなところに現れる。

中国自転車製造における孤軍奮闘記録−759−自転車の機能、機構を大切にしよう!

中国自転車製造における孤軍奮闘記録(自転車車検制度)−1652−自転車の科学、自転車は本来ハンドルから手を放してもまっすぐに走るもの

中国自転車製造における孤軍奮闘記録(自転車車検制度)−1659−自転車の科学、自転車は簡単なようで難しい

売れなくなって自然淘汰されるのが、一番良いのですが、
作る側に不具合が伝わっていません。
少しでもまともな自転車を買えるように、不具合は販売店に伝えましょう。

« 繰り返しお伝えすれば、分かっていただけることもあります。 | トップページ | ホイール組再開です。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは!(*^-^*)
この記事のタイトルですが読んで自分なりに感じた事は…

安い自転車はおすすめしません 

が抽象的で自転車に詳しければ伝えたい本質や真意はよく分かるのですが
ごく一般的な良い新車を安く買おうと思う人には目安で判断難しいなと思いました。

事故にあう危険性が大きいものがあります。
すぐ壊れるもの(長持ちしない)があります。
乗りにくい自転車があります。

↑とだけではどういう自転車が良いか判断つかないかも?です。

①車両本体価格ベースでの安い自転車なのか?
②価格帯は一般的な値段でも造りが粗悪で安いという意味なのか?

一応、自転車の形ではあるけど完成工場での選定部品の不良品や組み立て不良、販売店での整備や調整不良などあると思いますが

個人的には某自転車量販店のPB車で最廉価帯の14000円で買える自転車も30000円の自転車も造りは一緒だなと感じます。
↑チューブが分厚くてもタイヤが安い品質だな…と思います。

ホームセンターのPB車(23000円台)も装備を見ればお得感あったのですが
タイヤはパンクしにくい仕様で早期にひび割れし耐候性に乏しかったり固さからスポークの振れも後から大きく出たり前輪の振れは最初からあったり製造ラインの組み立てが?と思ったのですが
ごく普通の人が乗っているのですがBBも早期にガタが出て値段相応なんだと言っていました。

予算が許せば整備技術の高い自転車店でアフターサービス面を重視して地元の良い販売店で買った方が結局は無駄な整備やタイヤ交換せずに済み
価格面だけ安い自転車よりメーカー車でそれなりの価格帯の自転車の方が結局は安上がりだなと思うのですが…
『リテーナーベアリングやBB,ヘッド・ハブベアリングに工場出荷時よりグリスがたっぷり入って球押し調整済みで固着しやすい箇所にグリスやオイル塗布済み』って書いてあれば迷わず購入しますがw
そういう自転車は無いでしょうね。

安い自転車でも乗りっ放し不良のまま壊れたままでなくプロが整備調整した自転車に乗ると走りの印象は違う事に気付くでしょうね。

乗り難くて事故につながる様な自転車も出回っているのでしょうね。
中国製だからダメとは思わないですが
自転車選びでJISマークある自転車も過去の基準で純粋な日本製は電動アシスト車以外は殆んどないのでしょうね。
リフレクターだけでもJIS基準の通った製品(※社内基準ではなく)を付けて欲しいですw

力太郎さん コメントありがとうございます。

確かに、指針にはならない記事ですね。
量販店やホームセンター、通販のプライベートブランドの20千円以下といえば、個人的にはほぼ網羅される感じもあるのですが、価格での線引きも乱暴な気がします。

両手放しで乗れる自転車をお店で試乗させてくれるところも少ないですし、
キャッツアイのリフレクターといっても、見分けはつかないでしょうし、

やっぱり、地元の信頼できる自転車屋さんで買って下さいが、正解なのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 繰り返しお伝えすれば、分かっていただけることもあります。 | トップページ | ホイール組再開です。 »

パンク防止策

自転車修理法の疑問はこちらへ

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ