« クークル パンク | トップページ | クークルタイヤ交換完了 »

2019年12月19日 (木)

二件がちょっと悔しい結果です。

今日は三件の修理にお伺いしましたが、二件がちょっと悔しい結果です。

一件目は、パンク修理のご依頼。
折り目パンクでした。
見事な谷折り部のパンクです。
Kimg3461
チューブ内部から穴が空いたとしか思えないので、パッチは折り目に沿って貼りました。
お客様には、パンク予備軍がある可能性と、月一回の空気入れをお願いしました。
パンクしにくいタイヤが装着された自転車を選んで購入されたそうですが、空気を入れなくても良いタイヤと勘違いされていたそうです。

二件目は昨日のクークルのパンクのお客様、フジタさんも在庫は置かれていなくて、タイヤ内にVパッチで穴塞ぎの応急処置です。
ピーアールインターナショナルさんにシュワルベのキッドプラス 12x1.75/47-203/ワイヤービード ブラックを発注しました。
到着次第、タイヤ交換にお伺いします。

三件目がちょっとショックなご依頼で、施錠状態ではタイヤ交換できません。記事で原因不明としたお客様から昨夜空気が抜けていたとのご依頼です。
チューブを取り出して、しっかり膨らませて水調べすると、パンク穴が見つかりました。
施錠状態でのパンクチェックでは、膨らませかたが足りず、見逃したようです。
申し訳ありませんでした。
併せてスポーク折れ六本の交換です。

今日のパンクカウントは
後輪の折り目パンクが一件
後輪の作業ミス(見逃し)が一件

です。

一昨日の原因不明は、揉まれパンクに訂正します。

« クークル パンク | トップページ | クークルタイヤ交換完了 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クークル パンク | トップページ | クークルタイヤ交換完了 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    35.7℃

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

カテゴリー

無料ブログはココログ