« クロスバイク整備完了 | トップページ | バルブ根元パンク手順追加 »

2019年10月 1日 (火)

まともなスポークプロテクターはなくなったのでしょうか?

今日は一応定休日ですが

朝一、トップナット緩みのエアー抜けのお客様御来訪です。
空気充填のみで完了です。

次はちょっと面白いご依頼です。
スポークプロテクターが割れて音がうるさいとのことで、取り外しのご依頼です。
新しいものなのですが、最近のスポークプロテクターには、すぐ硬化して割れるものがあります。
何のために付けているのかという感じですが、取り敢えず販売時に格好があればいいということなんでしょうね。
まともなスポークプロテクターなら、車輪を外して、スプロケットを外してと、結構大仕事なのですが、今回は割れ目にマイナスドライバーを突っ込んで割れ目を拡げ、分割できました。

続いて、リピータのお客様から、パンクとタイヤ交換のご依頼です。
パンクは、リム打ちパンクで、一枚のパッチで処理できました。
ここで日没です。
タイヤは、カーカスが切れて、ボコボコになっていました。
バイクの明かりを頼りのタイヤ交換ですが、手順は出来上がっているので何とかなります。
ただ、明かりが乏しいので、点検作業がどうしても大雑把になってしまいます。

今日のパンクカウントは
後輪のトップナット緩みが一件
前輪のリム打ちが一件

です。

« クロスバイク整備完了 | トップページ | バルブ根元パンク手順追加 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロスバイク整備完了 | トップページ | バルブ根元パンク手順追加 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング