« 今日はリム打ちと虫ゴム切れ | トップページ | パッチ裏チューブ割れ »

2019年9月24日 (火)

今日も営業日

  昨日ご依頼を頂いた、駐輪場での修理からスタートです。
お客様が、駐輪場に連絡を入れて下さっていたおかげで、スムーズに修理は進みました。
後輪のリム打ちパンクでした。
ただ、タイヤのパターン部でひび割れが進行していて、タイヤの寿命があと半年ぐらいしかなさそうです。
お客様にも、その旨ご連絡を入れさせていただきました。

二件目も駐輪場でのパンク修理です。
自転車に空気は残っており、虫ゴム切れもあったので、虫ゴム不良化と思ったのですが、チェックしてみるとバルブベースの脇で揉まれパンクでした。
穴は小さく、パンク予備軍といえるほどの削れはなく、パッチで修理させて頂きました。

三件目は、4年間乗っていなかったクロスバイクの修理見積です。
ざっと金額を提示したところ、ご依頼となりましたので、自転車をお預かりしてきました。
Kimg3100 Kimg3102
Kimg3101 Kimg3103
大学4年間の相棒だそうで、とにかく出来るだけきれいにして、また乗ってやりたいとのことです。
フレームの清掃、チェーン交換、パンク修理、グリップ交換を必須のご依頼ですが、
グリップだけは、お好きなものを入手して取り付けてくださいとお願いし、古いグリップだけ外させて頂きました。
パンクについては、持ち帰り前に空気を注入したのですが、8時間ほど経過して、空気圧の低下はまだ感じられません。
放置と虫ゴム劣化による空気漏れのようです。
シールが剥がれかかって、周囲が汚れ始めていますので、ここが修復できるかどうか、方法を悩んでいます。
取り敢えず明日からですが、パーツを全部外して、フレームの洗浄から始めようと思います。

今日の最後はちょっと手こずりました。
パンクでチューブ交換のご依頼ですが、チューブは手配済みとのこと。
お伺いすると、購入されたばかりの自転車です。
旭マークの付いたタイヤですが、チューブ交換の予定で、タイヤを外し、念のためチューブのパンク状態を調べました。
同じライン上に2カ所のパンク穴があるところまで確認し、ホイールと位置合わせをすると、硬いリムバンドが使われていてリムの底に落ち切れずにエッジが立っています。
シングルウォールだったので、手持ちがあればリムバンドを交換したかったのですが、24インチHEに使えるリムバンドは有りませんでした。
エッジを保護のためリムテープを貼って、チューブを交換しようとしたらチューブが余ります。
準備されていたのは、26インチWOのチューブでした。
お客様が立ち会って下さっていたので、経緯をお聞きしながらの修理だったのですが、製品不良とのことで購入したサイトの運営会社から送ってもらったチューブとのこと。
「購入した商品も確認しているのに」とお客様も苦笑いでした。
チューブも手持ちがなく、パンク修理に切り替えたのですが、穴は2個だけでは有りませんでした。
パッチを貼って、再度の水調べで3個目のパンク穴です。
近くに予備軍らしい傷があったので、大判パッチを切り出しました。
チューブ交換作業とパンク修理の重複作業になりました。

自転車販売店ばかりの責任ではないのでしょうが、こんなところで、日本が貧しくなってプライドが無くなったんだと感じてしまいました。

今日のパンクカウントは
前輪のリム打ちが一件
後輪の揉まれパンクが一件
前後輪の虫ゴム切れが一件ずつ
後輪のリムバンド傷が一件

です。

« 今日はリム打ちと虫ゴム切れ | トップページ | パッチ裏チューブ割れ »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日はリム打ちと虫ゴム切れ | トップページ | パッチ裏チューブ割れ »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング