« パンク防止ライナー検討 | トップページ | 今日は多彩な修理でした。 »

2019年9月 1日 (日)

今日は午前一件、午後から五件

今日は一件点検のご予約を午後に頂いていました。

朝から二件のご依頼が入り、ご予約の時間を外してお受けできたのですが、修理中に更に三件のご依頼です。

一件は明日でも可とのことで、明日に伸ばして頂きました。

朝一は、チェーン外れとのことでしたが、チェーンのプレートが割れて切れていました。
チェーン自体の伸びはなく、割れたプレートを新しいものに交換して終了です。

午後一の点検は、暫く乗らずに放置されていたとのことで、虫ゴムを交換し、空気を入れてから点検の開始です。
ブレーキもシフターも正常に動いていましたがシフトワイヤの調整は行いました。
BBのガタがあり、BBを分解してグリス交換、玉当たり調整、ヘッドの玉当たり調整、各部注油と清掃を終えて空気圧を確認しましたが漏れは無いようです。
これでまた乗れますと喜んでいただけました。

続いては、三週間で前輪。後輪ともタイヤの空気が抜けるとのご依頼、
クロスバイクで空気を入れるときは4気圧程度入れておられるそうです。
タイヤに対して、ちょっと細めのチューブでしたが、5cmの太さまで膨らませてチェックしてもパンク穴は見つかりません。
一応前後とも虫ゴム交換で様子を見て頂くことにしました。
この状態で、三週間後に空気が抜けていなければ虫ゴムの不良だったと言えます。
三週間で、減った時のために、シュワルベのバルブコアでもチェックして頂くことにしました。
それでもダメなら、チューブ交換しかありません。

次はバーストパンクです。リピーターのお客様で、当店でチューブを交換させて頂いた履歴が有ります。
ずいぶん時間は立っているのですが、リム嚙みでのバーストと思いながら修理して、タイヤに嵌めようとしたら、タイヤのビード部が切れていました。
お客様にご確認いただき、タイヤチューブ交換での対処になりました。

残りは二件です。

こちらもリピータのお客様ですが、前輪のパンクとのことでしたが、お伺いすると空気は残っています。
虫ゴム切れがあり、水調べしましたが、パンク穴は見つけられませんでした。
虫ごみ切れと判断しました。

最後のパンク修理です。
撮影はしたのですが、映っていませんでした。
チューブとリムの溝の立ち上がりが接するあたりで、チューブが割れていました。
チューブの劣化のようですが、他の部分では異常は見られず、パッチ処理としました。

今日のパンクカウントは
後輪のタイヤ劣化が一件
前輪の虫ゴム切れが一件
後輪のチューブ劣化が一件

です。

三週間の空気漏れは暫く様子見です。
三週間後にご依頼が無ければ、虫ゴム切れにカウントします。

« パンク防止ライナー検討 | トップページ | 今日は多彩な修理でした。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンク防止ライナー検討 | トップページ | 今日は多彩な修理でした。 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング