« 今日は、ホイールの振れ取りとパンク2件 | トップページ | 2019_08_22の異物 »

2019年8月22日 (木)

チューブをバーストさせました。

今日はブログを書く筆が重いです。

最後のパンク修理時にリム嚙みでチューブをバーストさせてしまいました。
HEのタイヤで、ちゃんとタイヤのセットを確認しなかった作業ミスです。
チューブの在庫があったので、大事には至りませんでしたが、何をやっているんだろうと自分を責めるばかりです。
ほんの少しのチェックをさぼろうとしている自分が情けないです。

気を取り直して、書きます。

今日の一件目はタイヤ劣化でバーストした自転車タイヤ・チューブ交換です。
BB軸のガタがあり、左ワンのロックナットの締めが甘かったので、左ワンで玉当たり調整です。

2件目は、パンク修理のご依頼だったのですが、駐輪場のコンプレッサータイプの空気入れで上手く空気が入らず、パンクと勘違いされたものでした。
念のため、虫ゴムのチェックはしましたが、空気を入れて完了です。

3件目は、パンク修理のご依頼で、空気は抜けていたのですが、虫ゴム切れがあり、チェックしましたがパンク穴なしです。

4件目が、冒頭のさぎゅミスをしたパンク修理のご依頼です。
異物パンクでした、パンク後押して歩かれたようで、パンク穴の位置と異物の位置は一致しませんでした。
異物は錆びた角断面の針金でした。
バーストで落ち込んでしまい見つけた異物の画像は有りません。
もし見つけられたら、明日の記事にします。
HEタイヤは、浮かせた状態で空気を入れてもリム嚙みの危険があります。
少し空気を入れた状態で、リムラインのチェックが必須です。

今日のパンクカウントは
後輪のタイヤ劣化が一件
後輪の異物パンクが一件

です。

« 今日は、ホイールの振れ取りとパンク2件 | トップページ | 2019_08_22の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日は、ホイールの振れ取りとパンク2件 | トップページ | 2019_08_22の異物 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング