« ないよりはましなのでしょうが | トップページ | 久しぶりの休養日 »

2019年7月 1日 (月)

揉まれ、折り目パンクは左側?

今日は、
一件目のご依頼が再修理でした。
先週(月曜日)、揉まれパンクの修理をさせて頂いたお客様ですが、土曜日に又パンクしたそうです。
揉まれパンクで、再発の可能性はお伝えしていたので、お怒りではなかったのですが、やはり落ち込みます。
落ち込みながらも、新しいパンク穴だったので、もう一度チューブ交換ではなくパンク修理での対処をさせて頂きました。

その時ふと思ったのですが、揉まれパンクや、折り目パンクは左側が多い気がします。
乗る人の癖(右利き、左利き)とか右折、左折の回転半径の違いとか、何か理由があるのでしょうか?

二件目は持ち込みで折り目パンクのご依頼です。
やはり左側でした。

三件目はパンク修理のご依頼だったのですが、チューブ取だし時に、トップナットの緩みに気づきました。
当店にしては、遠方のお客様だったので、水調べまでしましたが、やはりパンク穴は有りませんでした。

今日のパンクカウントは
後輪の揉まれパンクが一件
後輪の折り目パンクが一件
前輪のトップナット緩みが一件

です

« ないよりはましなのでしょうが | トップページ | 久しぶりの休養日 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、おはようございます。

僕は逆に右が多いと感じてましたけど・・・・・。

どうやら、たまたまみたいですね。(^-^;

げんちゃん コメントありがとうございます。

気のせいのようですね。
たわいもないことのようでも、話ができると嬉しいですね。
右側も、ちょっと注意して見てみます。

揉まれパンクでの再修理を減らすために、予防パッチを貼ろうかなと考えた時に感じた疑問でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ないよりはましなのでしょうが | トップページ | 久しぶりの休養日 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング