« 久々でやってしまいました。 | トップページ | 初の古物商 »

2019年6月16日 (日)

虫ゴム切れではありませんでした。

今日は、4件のご依頼を頂きました。

朝一番でブレーキをブレーキケーブルの交換です。
ローラーブレーキだったのですが、ブレーキが利きません。
ブレーキレバーも戻りません。
ブレーキワイヤーが固着していたので、ブレーキが掛かりっぱなしだったのかなと思うのですが、電動アシストだと気づかず走ってしまうものなのでしょうか?

続いてチェーン外れの修理です。
チェーンリング側も外れてしまったとのことで、チェーン交換かもとのご依頼でしたが、チェーン引きの調整範囲でした。

次は初めて遭遇した修理です。
不具合はニップル飛びだったのですが、ホイールの構成が、型善のノーパンクタイヤe-チューブです。
パナソニックのタイヤレバーも、ミノウラのアルミタイヤレバーもビードに潜ってくれず、型善のタイヤレバーを取りに戻りました。
何とか外せましたが、タイヤのビード部にはそれなりの傷がつきました。
4本のニップル飛びでしたが、ノーパンクタイヤの所為ばかりではないようです。
Kimg2866 Kimg2864

ニップルのドライバー用の溝がありません。
すり鉢状にえぐれていました。
機械組のホイールだと思いますが、これではニップルの強度不足は明らかです。
えぐれていたニップルを20個以上交換しました。
こんなホイールは、組み立て後の検査で出荷を止めて欲しいです。

修理から戻ったら、自転車が一台待っていました。
先日虫ゴム切れと判断したパンクの自転車です。
ウェルドラインパンクでした。

先日の後輪虫ゴム切れを
チューブ製造不良にカウントし直します。

« 久々でやってしまいました。 | トップページ | 初の古物商 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々でやってしまいました。 | トップページ | 初の古物商 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング