« 24インチJISマーク自転車 | トップページ | 泥除けの修理には限界が有ります。 »

2019年5月23日 (木)

ちょっと暑くてハードな一日

今日は、珍しく朝早いパンク修理のご依頼が有りました。
その後、昼までにとのパンク修理のご依頼、
古い自転車の修理見積のご依頼
MTBのSRAM AVID油圧ディスクブレーキのフルード注入
電動アシストのパンク修理のご依頼
とちょっとハードな一日でした。

朝一のパンク修理はスライムパンク防止剤入りの後輪揉まれパンクです。
スライムシールがなく、危うくスライムパンク防止剤をまき散らすところでした。
パッチ下のスライムパンク防止剤をしごいて押しのけ、スライムパンク防止剤が戻らないよう、ひざ上でのパンク修理です。

次のパンクは、虫ゴム切れで、様子見にしようかと思ったのですが、午後のお迎えに使われるとのこと、パンクチェックで漏れは有りませんでした。

修理見積は、3台の自転車をお持ちで、めったに乗られないとのこと。
今乗車中の自転車が乗ろうとすると空気が減っているとのことでチューブからの自然の空気漏れを風船に例えてご説明し乗車前には必ず空気をいれてくださいとお願いしました。
あまり軽く走ってくれないとのことで、3台中一番古い自転車でしたが宮田のラグフレームの自転車をお勧めし、見積もりのご依頼だったのですが修理になりました。
前輪が、空気がないまま放置されていたため、外気に晒されたのか、光が当たったのか、大きく裂けていました。
別な自転車からチューブを取り出しチューブ交換です。
シマノのハブダイナモで、ガタツキが有り玉当たりの調整も行いました。
軽く走ると喜んでいただけました。

油圧デスクのフルード注入は初挑戦の作業です。
アマゾンの安いSRAM AVID用フルードセットを購入しましたが、ちゃんと使えました。
フルードはAZ品を使用です。
ブレーキレバー部をフルードが通らず、ブレーキホースを外してフルードを注入、フルードタンクのエアーを注射器で抜きながらブレーキレバーを操作することでうまくブレーキの機能が回復しました。
フルードの抜けた原因がわからないので、フルードセットもフルードもお客様に購入して頂きました。

最後のパンクは、空気圧不足が原因の折り目パンクです。
お客様に、月一回の空気入れをお願いして、完了です。

今日のパンクカウントは
後輪の揉まれパンクが一件
前輪の虫ゴム切れが一件
前輪の空気なし放置パンクが一件
後輪の折り目パンクが一件です。

« 24インチJISマーク自転車 | トップページ | 泥除けの修理には限界が有ります。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 24インチJISマーク自転車 | トップページ | 泥除けの修理には限界が有ります。 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング