« モペッドの修理は出来ません。 | トップページ | 厄介な電動アシストのシフトケーブル交換 »

2019年5月27日 (月)

バルブ根元剥がれのパンク修理

今日は、2件のパンク修理のみです。

これだけ暑い日が続くと自転車に乗られる方が減るのでしょうか?

でも、休んで体力が温存できるのもちょっとありがたかったりします。

一件目のパンクは、折り目からのパンクでしたが、折り目は出来ておらず、古い折り目で弱った部分からのエアー漏れでした。
一応、折り目パンクで分類します。

二件目のパンクは、久しぶりのバルブ根元の剥がれパンクです。
かなり自信が持てるようになったので、手順を書いてみます。
まず、バルブの剥がれ部分をリキッドバッファーエコで洗浄します。
マルニ工業 リキッドバッファーエコ・スプレー 420cc 60604
しっかり乾かして、
バルカーンを剥がれ部に塗り込みます。
バルカーン

しっかり乾燥させるために、
ホットブローで加熱します。

その後、バルブ固定ナットをタイラップの滑り止め用に最下部にねじ込み
バルブ根元のチューブをタイラップで締め上げます。
タイラップのヘッド部は、剥がれの反対側、剥がれていない方にセットして、ケーブルプライヤーでタイラップが切れるまで締め上げます。
今使っているのは、幅3.5mmのタイラップです。

お客様には、修理法をご説明し、しっかり空気を入れて頂くようにお願いしているからか、再発率は5%を切っていると思います。
タイラップのヘッドが残ることや、切り口のエッジが気掛かりだったのですが、バルブベースのゴムの厚さに助けられているのか、タイラップによるパンクは未経験です。

余計な作業も含まれていそうなのですが、まだ確信をもって省ける手順は有りません。

今日のパンクカウントは、
前輪の折り目パンクが一件
前輪のバルブ根元パンクが一件です。

 

« モペッドの修理は出来ません。 | トップページ | 厄介な電動アシストのシフトケーブル交換 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モペッドの修理は出来ません。 | トップページ | 厄介な電動アシストのシフトケーブル交換 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング