« パンクのご依頼2件 | トップページ | 液面の変動が落ち着きました。 »

2019年3月27日 (水)

内装3段 玉当たり調整

  昨日の作業ですが、自転車がキーと鳴るんですとのことで、状態が判らないまま、お伺いしました。

想像したのは、バンドブレーキの鳴きだったので、修理できるかどうかとりあえず見てみますとのご返事でお伺いしました。

拝見すると、ブリヂストンの自転車で内装三段ローラーブレーキ付きの後輪の回転が重いです。
自転車が倒れたのか、ワイヤーの取り回しがおかしくなってブレーキを引いていました。
ワイヤーの取り回しを戻して見たのですが、元々なのか、回転は良くありません。

ローラーブレーキに注油で済まそうかとも思ったのですが、時間的な余裕もあったので、後輪を外して原因のチェックです。
ブレーキを外しても、回転が重く、ハブの玉当たり調整で軽く回るようになりました。

軽く走るようになったと喜んでいただけましたが、ちょっと複雑な心境です。
使い込んで当たりが出ることを想定しての玉当たり調整かもしれませんが、自転車の本来の性能ではありませんから、調整が必要なことをお伝えしてもう少し走りやすい自転車でお渡しすべきではないかと思うのが当店の考え方です。

今日は、700Cの後輪異物パンクが一件と久しぶりのパッチ下のチューブ割れです。
Kimg2653  Kimg2652  
右の画像で、窪みが有るのを分かって貰えるでしょうか?

Kimg2657
パッチを剥がして、割れ目にものりを塗って、ハイパッチSでパッチの貼り直しです。
無事、エアー漏れは止まりました。

今日のパンクのカウントは後輪の異物パンクが一件と
前輪のハッチ下チューブ割れです。

« パンクのご依頼2件 | トップページ | 液面の変動が落ち着きました。 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは!
内装三段の不具合状況の説明だけだと原因は実車診てみないと判断つかないですが
ブレーキ系統の引き摺りではなくて
球押し調整の加減が強かったようですね。

自分も色々と壊しながらも内装三段分解し組みましたが
チェーンの張りが強すぎて違和感があったり
逆回転時のフリーの回転の軽さ車輪の回転性を重視して球押し加減を弱めにして後々
ワンが傷ついてガタが発生したり、それを経験して強めに球押し調整をしたら…
回転重い乗るのが疲れる内装三段になったりしましたが
今思う事は内装五段車よりなぜか?漕ぎ易くて変な駆体の重さがなく乗り易いです。
依頼された方が内装三段のベストセッティング?の乗り易い走りになって良かったですね。

同じ自転車でも整備・各部調整されて乗り手に渡された自転車と
工場出荷時そのままの自転車だと…走り易さの違いが出るのでしょうね。

力太郎さん コメントありがとうございます。

内装3段については、回転系の調整にはあまり手を出していなかったのですが、玉当たりの調整程度ならやっと出来るようになりました。
軽く走るものと、妙に重い自転車が有って、グリス量なのか、玉当たりかなかなか判別できなかったのが実情です。

少しづつですが、内装変速も触れる範囲を広げていこうと思います。

電動アシスト車は高確率でブレーキ側玉押し緩んでますね ローラーブレーキの17㎜のナットが緩いようなら確実
タイヤ交換時に毎回確認しないとハブナット締めたら重くなり再調整で二度手間に
まあめんどうですね

名前なしさん コメントありがとうございます。

取り付けてからの二度手間はきついですね。
タイヤ交換時にはハブの玉当たりの確認をしっかりするようにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンクのご依頼2件 | トップページ | 液面の変動が落ち着きました。 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング