« ホイール組道半ば | トップページ | バルブ根元パンク修理 »

2018年11月25日 (日)

ホイールバランス調整

センター出しも終わり、ホイールバランスの調整に入っています。


ベアリング部のグリスを抜いて、与圧も掛けていないので、このぐらい振り子運動をします。

リムバンドを装着し、チューブを嵌めてバランス調整をします。
一円玉を使って、概略の重さと、ウエイトの位置を確認します。
Kimg2316

重さを合わせた板重りを切り出し、リムバンドの下に入れて確認をしていますが、

振り子運動をせずに停止するところまでは、調整ができました。

まだ完璧にどこの位置でも止まってはくれませんので、もう少しおもりを追加しながら確認です。

外周の重量軽減のため、24インチ用のチューブを26インチタイヤで使います。
(パンクすると一気に空気が抜けます。伸ばして使うので、空気の持ちも悪くなります。お勧めできる使い方ではありません)

タイヤ・チューブのセットがちょっと面倒ですが、加速性向上のためのひと手間です。

ホイールのバランスが取れたら、タイヤをセットして、更にタイヤ側のバランスを調整します。

« ホイール組道半ば | トップページ | バルブ根元パンク修理 »

シティ車でロードポジション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホイールバランス調整:

« ホイール組道半ば | トップページ | バルブ根元パンク修理 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング