« ブログ移行 検討中 | トップページ | 器物損壊罪? »

2018年8月18日 (土)

細いチューブのパンク修理

クロスバイクやロードなど、700C系の細いチューブについては、パンク修理が難しく、基本的には、チューブ交換での対応とさせて戴いています。

パンク修理を諦めたわけではなく、試行錯誤は続けています。

チューブの伸びが大きくて、パッチ剥がれを起こすことが分かってきました。
チューブの伸び代を確保するため、なるべく、小さなパッチで、対処した方が、結果が良いのも分かってきました。
それでもパッチを貼った直後は、接着強度が足りず剥がれてきます。

時間を置くと、接着強度が増して剥がれる危険が減ることも分かってきましたので、最近になってですが、チューブ交換をして対処するとともに、古いチューブにパッチ処理をして予備チューブと使って頂くよう、お渡しするようにしています。

« ブログ移行 検討中 | トップページ | 器物損壊罪? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 細いチューブのパンク修理:

« ブログ移行 検討中 | トップページ | 器物損壊罪? »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング