« 明日(3/23日)は修理にお伺いできません。 | トップページ | 2018.03.24の異物 »

2018年3月22日 (木)

古いリコール情報ですが

前輪のパンクのご依頼でした。

画鋲が刺さったとのことでしたが、異物はお客様が取り除かれていました。

乗車点検で、リアのスプロケット部分に異音と違和感を感じて、チェーン調整をしましたが解消せず、確認したら、リコール対象ハブでした。

Kimg1778 Kimg1780
読みずらいですが、16-ABの製造番号です。 Nakanoの刻印が有りますが、中野鉄工さんのハブでは有りません。

お客様には、こちらのサイトの情報をプリントして、販売店に申し出て下さいとお伝えしました。

このようなご案内も、修理屋の仕事の一環です。

« 明日(3/23日)は修理にお伺いできません。 | トップページ | 2018.03.24の異物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

この自転車がサイクルベースあさひの自転車でなければ、該当ハブを使っていてもリコール対象にはなりませんよ?
そもそもハブメーカーが責任を認めてリコールをしている訳ではありません。

該当ロット全てのハブに不具合があるわけではなく、何らかの理由で一部のハブに不具合が出てるというものなので、多くの販売店では「申し出がある都度対応」をしていました。
サイクルベースあさひは顧客のためにリコールに踏み切ったのでしょう。

名無しさん コメントありがとうございます。

記載不足で、ご心配をして頂き、恐縮です。
今回の自転車は、サイクルベースあさひさんのフロマージュでしたので、リコール対象でした。

 アサヒサイクルさんやウェルビーサイクルさんも一時期このハブを使用していたことがあり、無償交換で対応してくれたことがあります。(工賃は支払われず)
 どちらのメーカーさんも問題は把握しており、現在は別メーカーのハブにしているようです。ですが、リコール対応はするつもりはないようですね。

小西さん コメントありがとうございます。
ハブの無償交換だけというのも寂しい対応ですね。
自転車業界の利益率の低さの表れでしょうか。

ハブの交換より、フリー部分だけを交換した方が、工賃は安く上がりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古いリコール情報ですが:

« 明日(3/23日)は修理にお伺いできません。 | トップページ | 2018.03.24の異物 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング