« 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 | トップページ | 花粉? »

2018年2月19日 (月)

ハンドル折れ

「ハンドルの片側が取れてしまったんですが、修理できますか?」とのご依頼です。

詳しくお聞きすると、ハンドルの破断のようです。

お伺いしてみると、完全に折れていました。
Kimg1629_1

もう少し拡大してみました。
Kimg1631

破断面に錆が有ります。
Kimg1635

破断面がぴったりとは合いません。
Kimg1638
上に持ち上げるように力が掛かかり、わずかに残った繋がりが、折れたようです。

両方の破断面を写そうとしたのですが、ピントが甘かったです。
Kimg1642

組立会社のシールが貼ってあったので、会社の方に、お客様の情報と共に、破断したハンドルを送らせて頂きました。

単品の不具合なのか、リコール対象なのか、ちょっと気になります。




« 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 | トップページ | 花粉? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは!
久しぶりに…ショッキングな画像で驚きました。
修理依頼がハンドル折れ?
冗談か何かの間違いか、前子乗せタイプを付けたかと思ったら…
至って普通のシティサイクルですね。
事故に至らなくて?本当に良かったのですが
走行中だったらと思うと怖いですね…
日本製のシールが貼ってあっても完成組み立てのみで自転車部品は海外製なのでしょうね?
錆や経年劣化・金属疲労で折れたというよりはパイプの素材を作る時の工程が問題あったような感じですね?
原因は不明ですがリコールになり得る状況ですね。

独り言ですが…
昔の自転車をレストアした時感じたのはそれぞれの部品が昔はJISマーク付きで製造メーカーと年月が分かる様な
ある種の部品製造メーカーに課されてる品質管理が厳重だったので日本製であれば信用できましたが
今は自転車が日本製(完成組み立て)でも?ほとんどの部品構成が中国製で驚きましたが自動車も同じなんですが
こういう事があるとラグ付きフレームで日本製のシールが貼ってあっても心配になります。

力太郎さん コメントありがとうございます。

同感ですが、力太郎さんの見立ても、製造工程ですね。
バルジ成形加工時に、クラックが入っていたのではないかと疑っています。

駐輪場で周りに倒れた自転車が一杯あったので、上側は、繋がっていたので、上からの力には耐えていたのが、先日の風で倒れて破断したのかなと思っています。

安く作ろうとすると、形や見た目だけそれらしい部品を使わざるを得ないんでしょうね。

取り敢えず、中古のアルミハンドルバーを付けさせて頂きましたが、使い込んだ部品の方が安心感が有るのは、なんともつらいです。

バルジ成形で、こんなサイトを見つけました。
http://www.nikko-bulgeform.co.jp/product/example/511_sus304.html

あのこらさん、バルブ成型分かり易いですね!

THE MAKING (36)自転車ができるまでのハンドルの工程で
http://youtu.be/XOocbI2eFTs?t=4m55s

画像検索すると似たような画像があって転倒時の衝撃や?立漕ぎで力が入ったのか?
何とも言えないですが気になる事例ですね。

破断の断面で調べると原因が分かるようですね。
http://www.nsst.nssmc.com/technology/fractography/fractography01/fractography0101/

少し前?なら国内メーカー車の日本製の自転車は部品レベルでも日本製と思っていましたが
最近、入手した自転車を見たら某ダイキャストフレーム以外は中国製が目立っていたり海外製で驚きましたが
※決して海外製だから悪いとか良いとかの優劣ではないですが
当たり前に感じた日本製って完成組み立て工程だけ日本なら良いのか?と不思議です。
世界市場や為替変動の結果なのかな?と思っています。
あえて自転車部品レベルまで日本メーカーで日本製に拘るなら?
http://cyclist.sanspo.com/146505
限定生産でこの価格で無いと既に手に入らないのでしょうか。
中古の部品の方が安心なのは…困ってしまいますが
自分の場合は多少錆びてても古いJISマークが見える自転車が治し甲斐があって好きです。

力太郎さん 再度のコメントありがとうございます。

THE MAKING (36)自転車ができるまでの動画、BBがOCS BBなのがいいですね。

サイトの画像と比較すると亀裂破断面が近いように感じます。

プレミアムMIYATAのサイトがアーカイブに残っていました。
国内生産部品にこだわらず、製品管理のしっかりした日本企業の部品を使って組み上げればこの半額ぐらいでそれなりの耐久性のある自転車はまだ作れると思います。

JISマーク付きの自転車が復活して欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンドル折れ:

« 毎月19日は、自転車の空気入れる日です。 | トップページ | 花粉? »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング