« チェックして良かった | トップページ | 古いホームページの整理 »

2018年1月28日 (日)

パッチ下チューブ割れ 仮説

パンクの纏めサイトを作ろうとして、パッチを貼ったチューブの割れを思い出しました。
160917_123617_2

覚書として、チューブ不具合 遭遇情報 を作っていますが、去年一年間はパッチの下でチューブが割れているのに遭遇していません。

開業当初、パッチ貼りにはマルニのエコセメントを使っていて、自分が修理したパッチの下でチューブが割れているのを2年目、3年目で遭遇していました。

時期は明確ではないのですが、エコセメント単独からエコセメント+リキッドバッファーに更ににバルカーン+リキッドバッファーに切り替えています。

加硫接着剤で接着力の強いバルカーンの方がチューブとパッチが一体化してパッチ下でのチューブ割れが起きにくいとの仮説を立ててみたのですがどうでしょうか?

« チェックして良かった | トップページ | 古いホームページの整理 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パッチ下チューブ割れ 仮説:

« チェックして良かった | トップページ | 古いホームページの整理 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング