« 「ブリヂストンサイクル アクティブショップ」サイト閉鎖 | トップページ | 今年最後の買い物 »

2017年12月30日 (土)

今日は2件のご依頼

今日は、昨日のご予約での後輪のタイヤ交換とパンク修理の2件でした。

タイヤ交換のお客様は、併せて後かごの後方への移動と、サドルの前下がりの調整です。

サドルを水平に戻し、ちょっと高すぎると感じたグリップ位置も下げました。

乗り易くなったと、喜んで頂けました。

パンク修理は、刺さり物によるパンクだったのですが、まとまった範囲で規則性無しに、4個の穴が開いていて、異物の残りは有りませんでした。

古い自転車なのでといわれていましたが、各部の緩みもなく、まだまだ使える自転車でした。

合間に、埼玉県内出張修理店情報のデータ修正です。
暫くメンテナンスしていなかったので、10か所以上修正となりました。

WEBサイトの情報を集めて作っていますので、営業の実態が分からないのが悩みです。

もし、記載の不備が有れば、出張修理店情報の掲示板に情報を頂けると助かります。

« 「ブリヂストンサイクル アクティブショップ」サイト閉鎖 | トップページ | 今年最後の買い物 »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは!

タイヤ交換を依頼されて
乗り易く、自転車を調整されたとの事ですが
ハンドルやサドルの高さ傾き加減等々…
工場でできた状態や量販店で並ぶ状態のままだと
実はまだ未完成で乗る人の身長などで
使いにくい乗り難い状態で案外乗り続けてしまうのでしょうね。
自分もハンドル高さや傾きで見た目カッコいい位置だと握り難く肩が強張ってこんなに乗り難いのか?と思ったこともあり
以後自然な握り位置だと快適になったので
シティサイクルとはいえ、乗車ポジションの調整って乗り手に合わせるのは大事なのでしょうね。
ブレーキレバーの遊び加減や効くまでの握り代は好みがあるので難しいなと思いました。

力太郎さん いつもコメントありがとうございます。

サドルの高さ調整は、ちょっと悩み始めていますが、グリップ位置については、サドルにまたがった状態で、肘より上がらず、手首が曲がらず自然に握れる位置を心がけています。

ブレーキレバーの余裕については、自分が握りやすい位置から、力の弱い人、手の小さな人は、余裕を少なくし、手の大きい人、力の強い人では、余裕を多くするように調整しています。

調整が出来ることを知って頂くだけで、自転車に対する見方が少し変わる気がしています。

自分に合った自転車は、乗っていて気持ちがいいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日は2件のご依頼:

« 「ブリヂストンサイクル アクティブショップ」サイト閉鎖 | トップページ | 今年最後の買い物 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング