« 珍しい異物巻き込み | トップページ | 自転車 探検!サイト閉鎖? »

2017年10月 4日 (水)

パッチ破裂 その後

10月1日に前後チューブがニップル穴パンクを起こして修理したロードですが、一日経過の10月2日に前チューブのパッチが破裂、10月3日には後チューブもパッチ脇からの空気漏れを起こしました。

結局、前後ともチューブ交換での対処となりました。

お客様にはご迷惑をおかけしましたが、今後はパッチ破裂に頂いたコメントに従い、ニップル穴パンク、リム打ちパンク、バーストについてはチューブ交換で対処させて戴きます。

パンク修理可能なのは刺さり物によるパンクだけになるかと思いますが、お客様としては修理に取り掛かるまで、修理費が分かりにくい状態となります。
(過去の実績からは、ほとんどのロード・クロス系のパンクはチューブ交換対象です。)
確実な対処をするためにご理解を頂きたく、お願いいたします。

« 珍しい異物巻き込み | トップページ | 自転車 探検!サイト閉鎖? »

自転車出張修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パッチ破裂 その後:

« 珍しい異物巻き込み | トップページ | 自転車 探検!サイト閉鎖? »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング