« 受注情報の登録パターン | トップページ | 2017.10.13の修理 »

2017年10月12日 (木)

リム交換の受注

内ネジを切ってシートポストを引き抜いたANTALESのMTBのお客様です。

最後の方の記事にも書きましたが、リム割れ寸前だったリムがやはり割れたそうです。

今お使い中のリムはARAYA RM-17の36Hでもう廃番です。

お客様が、オークションで新品のリムを落札されてのご依頼です。

今の組み方と、スポークテンションは踏襲します。

組み方はイタリアンの8本組です。
Kimg1261 Kimg1260

スポークテンションは、パークツールのテンションメーターで
前輪 17~20 最頻値19です。
後輪フリー側 22~24 最頻値23です。
  反フリー側 17~21 最頻値21です。

現状の記録が出来たので、取り敢えず、ばらしに掛かります。

今回は、リム交換ですが、併せてニップルもすべて交換します。

おまけですが、バルブ穴からハブの型番が見えるように組まれているので、これもしっかり踏襲します。
Kimg1257

« 受注情報の登録パターン | トップページ | 2017.10.13の修理 »

ANTALES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リム交換の受注:

« 受注情報の登録パターン | トップページ | 2017.10.13の修理 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    36.4℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ