« 電子メール公開の覚悟 | トップページ | ブログの下書き作成中 »

2017年7月13日 (木)

雑感

昨日の回答メール公開宣言以来、もやもやしていた気持ちが少し晴れ晴れしてきています。

昨日は、錠交換2件、パンク修理が出来なかったためのチューブ交換、700cチューブ交換のレクチャー、パンク修理2件

今日は、パンク修理、パンク修理とブレーキワイヤー交換、パンク修理と、もう一台の泥除け変形の修正、パンクチェック、パンク修理

でした。

なるべく日陰を探して水分もこまめに補給して熱中症対策はしているつもりですが、かなり記憶があいまいで、やったことを思い出すのに一苦労です。

バイクで走っている時は、体は涼しさを感じるんのですが、ヘルメットの中が熱いです。

夏用に涼しいヘルメットを探さないといけません。

« 電子メール公開の覚悟 | トップページ | ブログの下書き作成中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自転車用のヘルメットは穴があいていて涼しいですが、オートバイには使えない決まりがあるのでしょうか?
ちょっと調べてみようかな。

ここでは様々な回答がありましたが、No.7の人の回答が一番納得できたかな。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8475600.html?pg=1&isShow=open

で、オートバイ用の乗車用ヘルメットとは
1. 左右、上下の視野が十分とれること。
2. 風圧によりひさしが垂れて視野を妨げることのない構造であること。
3. 著しく聴力を損ねない構造であること。
4. 衝撃吸収性があり、かつ、帽体が耐貫通性を有すること。
5. 衝撃により容易に脱げないように固定できるあごひもを有すること。
6. 重量が二キログラム以下であること。
7. 体を傷つけるおそれがある構造でないこと。

が条件のようですが、自転車用ヘルメットは穴があいているので、4の条件は満たさないかも。
でもロードバイク時速40km、原付バイク時速30kmなら、自転車用ヘルメットがダメだという理由は良くわかりませんね。
それにロードバイクはヘルメット無しでも違反にならないのも、アンバランスですね。

「涼しくしたい」という需要があるのなら、オートバイ用のヘルメットは穴空きが開発されてもよさそうですが・・・

オートバイ用の穴開きヘルメットってほとんど無いですね。
こんなところかな。
http://helmettol.net/Lead/147.htm

トンサンさん たくさん調べて戴いてすみません。
昨日は、ちょっと仕事がハードだったので、早々に寝床に入ってしまいました。
自分なりにも調べてみたところ、ディフューザー付きのヘルメットが涼しそうなので、検討してみます。
http://doshiritai.com/natu-helmet/

ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雑感:

« 電子メール公開の覚悟 | トップページ | ブログの下書き作成中 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ