« 今日の修理(2016.12.21) | トップページ | EPDMゴムチューブ »

2016年12月21日 (水)

バルブ差異確認

ホイール差確認

開始日 開始時空気圧 30日経過 バルブ チューブ タイヤ ホイール
2016.10.21 2.99 2.46 パナAV シンコーノーマルチューブ シンコーSR078DemingL/L AL
2.99 2.44 パナAV シンコーノーマルチューブ シンコーSR078DemingL/L ST

シュワルベ英式バルブ確認

開始日 開始時空気圧 30日経過 バルブ チューブ タイヤ ホイール
2016.11..21 2.99 2.47? パナAV シンコーノーマルチューブ シンコーSR078DemingL/L AL
2.99 2.46 シュワルベ シンコーノーマルチューブ シンコーSR078DemingL/L ST

先月、リムの違いで空気圧の現象に差が出ないことは確認済みでしたが、その後シュワルベのバルブコアの存在を知り、パナレーサーAVバルブ+パナ圧力計よりシュワルベバルブコア+シュワルベ圧力計の方が測定時の空気漏れが少ないことを確認していました。

パナAVバルブとシュワルベバルブコアで空気圧の減少傾向に差異があるかどうかチェックしてみました。
バルブ確認の空気圧に?がついているのは、測定時に若干空気漏れしたためです。圧力計の表示に漏れた分を感覚で追加した為、?マークを付けました。
実測値は、2.39でしたが、同じように漏らしての再測定で2.31を表示したため、+0.8しています。

先月の測定結果も含めてですが、
上記の結果となり、バルブコアの違いでの空気圧の現象に有意差は感じられませんでした。

測定誤差が出にくいので、今後の測定はシュワルベのバルブコアで行います。

« 今日の修理(2016.12.21) | トップページ | EPDMゴムチューブ »

タイヤの空気圧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルブ差異確認:

« 今日の修理(2016.12.21) | トップページ | EPDMゴムチューブ »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    36.5℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ