« **の次に番地がくる場合の扱い | トップページ | 2016.06.25の異物 »

2016年6月24日 (金)

改めて「**一円」を検証

昨日の記事で、(その他)の意味を調べると書きましたが、フラグが立っていないものもありますが、町域が分割された場合の字や丁目の纏まりのようです。
GoogleMapでは、(その他)を無視しても検索が出来るものが有りましたので、今のところは不要データとの認識ですが、全ての検証をした訳ではないので、絶対とは言い切れません。

今のところ、無視して不具合は見つかっていないので、「(その他)」の文言はブランク化の予定です。

もう一つブランク化予定の
郵便番号データに以下の説明のある「**町村一円」ですが

---「"○○市(または町・村)一円"」とは、町域名がない市区町村の場合にお書きいただく番号です。---

GoogleMapは先の次に番地がくる場合と同様に、町域のない住所の表示が苦手のようで、一円がらみの住所は検索しても表示されません。
村、または町の全域を表示します。

悩ましいのですが、Mapの仕様として諦めて、「**町村一円」についてはブランク化します。

将来、仕様が変われば、また検討します。

« **の次に番地がくる場合の扱い | トップページ | 2016.06.25の異物 »

郵便番号データの住所入力データ化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 改めて「**一円」を検証:

« **の次に番地がくる場合の扱い | トップページ | 2016.06.25の異物 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.9℃
    35.9℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ