« ホイール振れ取り | トップページ | ビルデータの扱い変更 »

2016年6月21日 (火)

分割された町域データのマージ済みCSV公開

日本郵便で公開されている郵便番号データは

「全角となっている町域部分の文字数が38文字を越える場合、また半角となっているフリガナ部分の文字数が76文字を越える場合は、複数レコードに分割しています。」

加工してやれば、分割データをマージすることは出来ますが、マージ後のデータを得るにはそれなりの時間が掛かります。

こんな加工済みデータでも、誰かの役に立てばと思い、データを公開しました。
サイトのMerge_Zip.CSVをクリックすると、読み仮名データが半角カタカナで促音・拗音を小書きで表記する全国版の郵便番号データをダウンロードして頂けます。

今のところは、5月31日のデータですが、毎月月初には最新版に更新していく予定です。

« ホイール振れ取り | トップページ | ビルデータの扱い変更 »

郵便番号データの住所入力データ化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 分割された町域データのマージ済みCSV公開:

« ホイール振れ取り | トップページ | ビルデータの扱い変更 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ