« 自転車チューブの内面 | トップページ | シンコー SR154(JETDAAIii NEUE)評価 »

2015年9月20日 (日)

シリコーン虫ゴム エアー抜け

シリコーンの虫ゴムを試していただいているお客様からパンクのご連絡です。

お伺いして、確認した時点で、ちょっとトップナットが緩んでいました。

この時点では、バルブからのエアー漏れを確認せず、チューブのパンクチェックをしました。

チューブにパンクは無く、トップナットのゆるみがエアー漏れの原因でした。

シリコーンの虫ゴムは、肉厚が一般の虫ゴムより0.1mmですが薄いため、トップナットの弛みがエアー漏れに直結するようです。

状態をご説明し、トップナットを少し強めにねじ込んで更にテストを続けていただけることになりました。

« 自転車チューブの内面 | トップページ | シンコー SR154(JETDAAIii NEUE)評価 »

長寿命虫ゴムの検討」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリコーン虫ゴム エアー抜け:

« 自転車チューブの内面 | トップページ | シンコー SR154(JETDAAIii NEUE)評価 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    36.4℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ