« パッチ割れ | トップページ | パッチ割れ その後 »

2015年7月29日 (水)

ちょっとまずいです。

スポーク組手順(試行)の手順に従って、実際にホイールの仮組までの作業を行って、動画にしてみました。

自分の体内時計では、10分を少々過ぎたくらいかなと思ったのですが、とんでもなかったです。
18分弱掛かっていました。

2分で、振れ取りを終わらせるか、もう少し仮組に要する時間を短縮しないと、合格は難しいです。

自分で、動画を見て思ったのは、スポークの振分けに案外時間が取られている事。

ニップルのドライバーへのセット、スポークへのねじ込みに時間が掛かっている事です。

ハブフランジへのスポーク通しで3分
スポークの振分けをして、最初のスポークをリムに通すまで2分
スプロケット側の仮組に3分半
スプロケット側のニップルの締め込みに3分
反スプロケット側は仮組時にニップルも締めこんで6分
合計で17分30秒です。

後、準備期間は6日間。

もう少し、作業を体になじませながら、時間短縮を試行します。

« パッチ割れ | トップページ | パッチ割れ その後 »

自転車技士・安全整備士受験(実技)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとまずいです。:

« パッチ割れ | トップページ | パッチ割れ その後 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ