« バルブ真裏のパンク | トップページ | 電アシ3輪車 スポーク折れ-2 »

2015年7月 1日 (水)

電アシ3輪車 スポーク折れ

電動アシスト3輪自転車の後輪スポークが折れたとの修理のご依頼を頂きました。

お客様が、ひっくり返しておいて下さったので、そのまま修理をさせて頂きましたが、ちょっと悲惨な状況です。
150701_101348
完全にハブから外れています。

タイヤを外すために、まず後輪を外しに掛かります。
150701_101553
スイングする後輪の正立機構です。めったに見れないので撮っておきました。

ちょっと気がかりだった、ハブナットの緩みです。
150701_101620

もう一方の車輪も外さないと、プッシュロッドが干渉します。
150701_102451

ベルクランク部がこれで外せます。
150701_102500

ストドロエンドゆえのチェーンテンション機構です。
150701_102626

ハブと呼ぶべきなのか?後輪の駆動軸です。
150701_102924

タイヤを外して、スポークを取り除き、ホイール組をしようとして、不具合の根本原因に気づきました。
150701_112750
ハブのパイプとフランジのカシメが効いていません。フランジがくるくる回ります。

この時点で、今日の修理は諦めてお客様に、部品交換が必要なことをお伝えしました。

本来なら、アセンブリでの交換なのでしょうが、小径(16インチ)とはいえ電動アシストの駆動輪に20本スポークはあり得ないと思いますし、丁度手持ちの28H16インチリムが有るので、ハブを交換できないか挑戦です。

150701_185346
パイプとハブの接続がねじ込みではないかと思って、分解してみたら、
150701_185437150701_185503
やはり、ねじ込みでした。

28Hのリヤハブの入手に取り掛かりましたが、なかなか見つかりません。
問屋さんに、取り寄せ可能か確認中です。

最悪、http://calamel.jp/go/item/20479892こちらを使用して、バンドブレーキ仕様にします。

« バルブ真裏のパンク | トップページ | 電アシ3輪車 スポーク折れ-2 »

電動アシスト三輪自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電アシ3輪車 スポーク折れ:

« バルブ真裏のパンク | トップページ | 電アシ3輪車 スポーク折れ-2 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ