« ネジ山を潰しました-続報 | トップページ | コッターピン 抜けました »

2015年6月23日 (火)

久々にやってしまいました。

パンク修理のご依頼を頂き、虫ゴムのチェックをしようとバルブを外したら、こうなりました。
150621_151340_2
実際の色は、スライム(パンク防止・修理剤)に比べてもっと青が強いです。
色以外の組成や、効果はスライム(パンク防止・修理剤)と同じに見えました。

関西から持ってこられた自転車との事で、こんなシールが貼ってありました。
150621_160820_2

今後は、パンク防止剤の種類に関わらず、バルブを上に持ってきて、当て物をして、バルブを外すことを励行します。

今回は、パンク防止剤剤が、まだ流動性を保っていたので、念の為、出せるだけのパンク防止剤を取り除いてから、パンク修理をしました。

お客様には、パンク修理の確実性を上げる為、取り除いた旨、お伝えしましたが、「へー、そんなのが入っていたんだ」とのご返事でした。

パンクの原因は、空気不足による擦れパンクでしたので、原因をご説明し、1回/月の空気入れをお願いしました。

« ネジ山を潰しました-続報 | トップページ | コッターピン 抜けました »

スライムパンク防止剤」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは
うわっ大変な状況で…
自分も似た経験がw
まさか、あのこらさんのブログで同じ状況が紹介されるとは思わなかったですが…
一般のユーザーにパンク防止剤入り?の自転車で定期的な虫ゴム交換を
推奨するのは…
チューブのバルブ位置に注意喚起しないと思わぬ状況になって対応に困るでしょうね。

力太郎さん コメント有難うございます。
醜態をお見せしました。

関西の自転車チェーン「ダイシャリン」で購入された自転車でした。
見慣れないシールで、ついやってしまいました。

来年の虫ゴム交換の日のブログには、バルブ位置の注意書きをしっかり入れておきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々にやってしまいました。:

« ネジ山を潰しました-続報 | トップページ | コッターピン 抜けました »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.4℃
    36.4℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ