« ブレーキワイヤータイコ規格違い | トップページ | 川越市周辺の自転車屋MAP »

2015年6月17日 (水)

2重苦?(楽)

タイトルが余り良く無いのですが、ボキャブラリが少なく、適当な言葉が見つかりませんでした。
決して苦にしている訳ではなく、手間は掛かりますが、むしろ、こんな修理が出来ると、楽しんでいます。

今日の後輪パンク修理です。

一手間目は、お客様ご不在で、後輪施錠です。
後輪に施錠されていても、通常料金でパンク修理いたします。
元々、水調べ用の容器が小さいので、チューブを少しづつ水に漬けますから、カギが掛かっていても、チューブを動かす時に、一旦空気を抜いて、再度膨らませるだけです。

二手間目は、これです。
150617_125436
スライム(パンク防止・修理剤)

こんな風に、チューブが汚れているので、パンク箇所はかえって見つけ易い時が有ります。
150617_125640

パンク穴から、スライム(パンク防止・修理剤)が漏れることが有るので、
150617_130635
良くしごいて、漏れてこなくなってから、糊を塗って、パッチを貼ります。

ちょっと手数は増えますが、嫌いな修理では有りません。
修理を始めたころは、修理後にパッチが剥がれないか、不安も有ったのですが、最近ではそんな不安も有りません。

ただ、スライム(パンク防止・修理剤)は、金属を侵します。
150617_131309
上は新品、下は購入されて4年目のスライム(パンク防止・修理剤)に侵されたバルブコアです。
もっと酷くなると、先端に穴が開いて、空気が漏れます。
スライム(パンク防止・修理剤)を入れておられる方は、5年に一度はバルブコアの交換をお勧めします。

« ブレーキワイヤータイコ規格違い | トップページ | 川越市周辺の自転車屋MAP »

スライムパンク防止剤」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは
チューブにスライムが入っててもパンク修理できるのですね
パンク後の惨劇?を思うと…入れない方が良いなと自分は思いましたが…
逆にパンク穴見つけ易いメリットもあるとは…
家族の自転車で入れてあったのに気付かずに虫ゴム交換しようと
バルブが水平(横)の位置で無意識に緩めたら…
大変な目にあったので
バルブの位置にはスライム有る無し問わず?気を付けて開けるようになりました。

力太郎さん コメント有難うございます。
災難でしたね。

修理を始めたころは、スライムが嫌いで、チューブから絞り出しては、チューブ内の水洗いまでしていました。(スペシャルGバルブとの相性が悪かったのも一因ですが)
最近は、しごいて、スライムを移動して於いてからパッチを貼ることで不安なく修理出来ています。

タイヤ内や、リムに付いたスライムを掃除するのだけはちょっと嫌です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2重苦?(楽):

« ブレーキワイヤータイコ規格違い | トップページ | 川越市周辺の自転車屋MAP »

パンク防止策

自転車修理法の疑問はこちらへ

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ