« 受験申し込みをしました。 | トップページ | 籐装飾自転車-4 »

2015年5月26日 (火)

籐装飾自転車-3

今日は、謎だらけのフレームを見て下さい。

パッと見、籐製のフレームのように見えます。
150524_135914150524_134236

こんなところに、フレームのパイプが見えます。150524_135555
シートパイプが、固着していそうですが、流石にこの状態で浸透性の潤滑剤(CRC等)を吹く勇気は有りません。

さて、謎の始まりです。
150524_134527150524_133943_2_2
フォーククラウン下と、タイヤのクリアランスを見ると、今付いているタイヤが
26x1 3/8ですが、700Cでも入りそうです、だとすると、カンチブレーキ台座?
にしては、フレームからの出が長すぎ、キャリア用のダボ?

150524_135104
ダイナモ台座も、シートステーにあります。

150524_135445150524_135224_2
泥除けや、キャリアの取り付け穴が、エンドに加工されています。

700Cタイヤの付いた、スポルティーフのフレームに籐の泥除けを付けた所為でタイヤが収まらず26インチの軽快車ホイールを取り付けた?
150524_135955

そして、チェーンステーにある、謎の台座
150524_134741_2
サンツアーにS-1という、チェーンステー台座取り付けのディレーラーが有りましたが何を付ける為の台座でしょうか?

籐を解いて、フレームを確認したいところですが、取り返しがつかなくなるのは目に見えているので、我慢です。

« 受験申し込みをしました。 | トップページ | 籐装飾自転車-4 »

籐装飾自転車」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは~。
 カンティーブレーキの台座らしきものは、センタープル・ブレーキ用の
台座ではないでしょうか?位置的には、それしかありえない気がします。
 もちろん、センタープル・ブレーキ台座用の小型のキャリアも
取り付くと思います。
 リアエンドが逆爪なので、ママチャリのフレームではなく、外装変速機を
付ける古典的なフレームのように思えます。
 よほど「竹(籐)」に愛着がある方なのでしょうね。そこまでやるか?
というくらいに籐を使っていますね。

アンコウさん コメント有難うございます。
実は、私も最初はセンタープル用の台座かなと思ったのですが、センタープルだとすると、ホイールが26インチか650Bでないと、リムとブレーキシューの位置が合わなくて、それだとクラウン下のタイヤとのクリアランスが有り過ぎる気がします。
籐を剥がす気はないので、謎のままにしようと思っています。

逆爪エンドで、外装変速に至る当たり、アンコウさんも古いですね。
今は、スポーツ車のほとんどがストドロですから、逆爪エンドを知らない人の方が多いんじゃないかと思います。

サドルの籐の使い方や、スタンドのバネへの籐の巻き方を見ると、乗る為ではなく、ディスプレイ用のオブジェとして、籐屋さんが作ったのではと思えてきています。

ハブ毛が個人的にはニクいですw
手作りのお土産のような味わいの中の実用性と言えば良いんでしょうか?
飾るだけなんて勿体ない。。。
是非オーナー様に、走らせていただきたいと、
遠くから願っております。

松内様 コメント有難うございます。
ブレーキも動きますし、車輪もまわって、ハンドルも切れます。
自転車の機能は保っているので、走れそうですが、籐が乾いて脆くなっています。

サドルやペダルの籐が折れそうで、怖いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 籐装飾自転車-3:

« 受験申し込みをしました。 | トップページ | 籐装飾自転車-4 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ