« フライス盤の剛性アップ対策 | トップページ | リヤホイルセンター確認治具 »

2014年11月 3日 (月)

住所データの扱いは難しい

住所データの処理-2で複数行のデータはマージしないで削除と書きましたが、マージするためのアルゴリズムと、使えそうなコマンドを思いつき、住所データのマージ処理に挑戦中です。

まだ、完成はしていませんが、ちょっとショッキングな事実を見つけてしまいました。

アルファベットのデータが欲しくて、ローマ字のデータをダウンロードしていたのですが、あまりにも後かっこ”)”で閉じられていないデータが多かったので、カナ版のデータをダウンロードしてみたところ、
Photo
ローマ字版では、町域データが削られていました。

京都の通り名を使わなければ実害はなさそうなのですが、データそのものが今一信頼できなくなったので、郵便番号データのカナ版を使って、再構築です。

« フライス盤の剛性アップ対策 | トップページ | リヤホイルセンター確認治具 »

VB.net 業務管理」カテゴリの記事

郵便番号データの住所入力データ化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住所データの扱いは難しい:

« フライス盤の剛性アップ対策 | トップページ | リヤホイルセンター確認治具 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.1℃
    36.0℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

「パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。」を読まれた方へ

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ