« スポークカット | トップページ | リピータのお客様の三輪自転車 »

2014年10月 9日 (木)

ホイール組み手順の確立(工具編-1)

いつもは、適当に組み始め、間違っていたらやり直しているのですが、実技試験の時は、時間が決められているので、この機会にしっかり手順を確立しておこうと思います。

スペースも限りがあるので、まず工具の選択と、準備です。普段はセンターゲージとテンションゲージも使います。
141009_121115
振れ取り台はミノウラのワークマンです。

黄色のテープは、実技に使うホイールのリム幅に合わせます。
141009_120922

ホイールのセンターは、審査の対象外のようですが、少しでも作業スペースを稼ぐため、センターゲージ、テンションゲージは持ち込まないことにします。
事前に実技用のホイールのセンター出しをしておき、ゲージの位置も合わせて置くことで、センターゲージなしで、ホイールのセンターが出るように準備します。

スポークのテンションもゆるゆるでなければ大丈夫そうなので、JISのスポーク張力の規定値を手の感触で覚えて、テンションゲージは無しで行こうと思います。

« スポークカット | トップページ | リピータのお客様の三輪自転車 »

自転車技士・安全整備士受験(実技)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホイール組み手順の確立(工具編-1):

« スポークカット | トップページ | リピータのお客様の三輪自転車 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.9℃
    35.9℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ