« シートポスト固着-2 | トップページ | やっと出会えた押しピン »

2014年6月29日 (日)

ソフトテールダンパー分解

シートポスト引き抜きの最後の足掻きで、クロモリの6mmボルトを注文しました。
併せて、使えそうなネジ、ボルト、座金、Cリング、Eリングも発注しました。

ブレーキ廻り、折り畳みヒンジ部、パンドルポストを除けば、ステンレスネジに交換できそうです。

ブレーキ部の錆が目立って残りそうですが、頑張って磨いてみます。

Cリングの寸法を見るために、ソフトテールのダンパーを分解しました。
140628_173850

まず、底の蓋を手応えが無くなるまで、約1cm緩めます。
140628_174118

ダンパー本体の固定ねじを2本緩めます。
140628_173933

少し抵抗はありますが、ゴムブッシュの付いたアルミの上部カバーごと、本体ケースを動かして、Cリングが動かせるスペースを作ります。
140628_174519
この時点で、リンク部のネジには負荷が掛かっていませんので、引き抜くことが出来ます。

アルミの上部カバーを完全に緩め、Cリングを外します。
140628_174847

ダンパーを下に下げ、リンク部のアルミブッシュを外します。
140628_175021_1

アルミの上部カバーを上に抜きながら、ダンパーを引いていくと本体が外れます。
140628_175207

外れました。
140628_175221

Cリングのサイズは、S-28を注文しました。

ボルトが届くまで、錆びたボルト・ナットを磨いておきます。

【2018.11.23追記】
正しい点検法はこちらです。

« シートポスト固着-2 | トップページ | やっと出会えた押しピン »

KHS F-20R」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは
今日の天気は予報通りの天気で驚きました
あのこらさんのブログに貼ってある?
tenki.jpの雨雲レーダーは便利で良いですね
ブログ記事より見ている気がします…

自転車一台をレストアするのは大変な手間と時間が掛かるものなんですね。
商売だとレストア代ってどのくらいの工賃なのか?見当付かないですが
また一台大事に乗られると思うと
自分も大事に乗らないとダメだと思いました。
乗っている軽快車の構造しか知らないので
見ていて勉強になります。

力太郎さん 
こんばんは、雨雲レーダーは、晴れている時はあまり見ないのですが、依頼が入った時など、雨が降っていると、雲の動きで、お伺いする時間を決めたり、商売道具として使っています。

何でも、役に立てば、嬉しいです。

レストアは、本格的なもの(塗装の塗り直し等)は出来ませんが、清掃、磨き、程度なら可能です。
今回のご依頼も、本格的なレストアではなく、分解・清掃・磨き・調整のレベルでお引き受けしたものです。

その割に手古摺っています。

でも、いろんな経験が出来ますので、楽しいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトテールダンパー分解:

« シートポスト固着-2 | トップページ | やっと出会えた押しピン »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング