« 久しぶりのバルブ根元パンク挑戦 | トップページ | 久しぶりのバルブ根元パンク挑戦-2 »

2014年5月26日 (月)

統合管理のデータバックアップ

データのバックアップを取るためには、構成ファイルの配置を決めておく必要があります。

従来のAccessベースの統合管理では、データのMDBと作業用のMDBを作り、データをリンクしていました。
作業用のMDBには、一時的に使用するワークテーブルを多用していたのですが、移行に際して、多少テーブル構造を検討して、ワークテーブルを減らそうと思っています。
それでも、すべて無くせるとは思えないので、移行後も作業用のMDBとデータMDBは分ける考え方には変更がありません。

構成ファイルの配置として、データMDB、作業用のMDBとEXEファイルは同じディレクトリにインストールすることにします。

バックアップデータの保存先は設定で選択可能にします。

バックアップデータの保存期間は、1日から1年までの期間から選択できるようにし、
以前のバージョンでは実現できていなかった、復元ファイルの選択をフォームから可能にします。

保存期間の過ぎたバックアップデータの削除のアルゴリズムを再検討します。

« 久しぶりのバルブ根元パンク挑戦 | トップページ | 久しぶりのバルブ根元パンク挑戦-2 »

VB.net 業務管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 統合管理のデータバックアップ:

« 久しぶりのバルブ根元パンク挑戦 | トップページ | 久しぶりのバルブ根元パンク挑戦-2 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ