« 2014.04.28の異物 | トップページ | インターポット広場が重い »

2014年4月30日 (水)

ポタリングのすすめ

自転車散歩のことをポタリングといいます。

散歩ですから、好きなところに、好きな人と自転車で出かけてください。

お弁当を持って行くも良し、コーヒーや紅茶をポットに入れて、好きな景色を見つけたら、ちょっと一服です。

路地に入ると丹精された庭の花がきれいに咲いています。
今の季節なら、芝桜、モッコウバラ、クレマチス、所々、紫モクレンや、まだ咲いているハナミズキが見つかるかもしれません。

河原で水面を眺めながら、魚とりの子供の声も聞こえます。
広い河川敷なら、サッカーや野球をしている子供もいそうです。

古道具屋さんや、陶器屋さん、車は止めにくいけれど、ちょっと気になっているケーキ屋さん、パン屋さんにも入れます。

4月の初めに、しだれ桜を見に行って、今日は、目的は果たせませんでしたが、生うどんを探しに行きました。

自宅から、半径5キロの円内なら、自転車でのんびり走っても1時間でおつりが来ます。
半日つぶせるなら、10キロ圏内まで大丈夫です。

車では、見えないもの、歩きではちょっと遠いところ、自転車ならではの楽しみが見つかるかもしれません。

実は、普通の自転車って、ポタリングには最適なんです。
乗っている姿勢が高いので、のんびり周りが見えます。
低速でもハンドルが安定しています。
荷物を持って出かけられます。気に入ったお買い物も持って帰れます。
普段の服装で、そのまま出かけることが出来ます。

気持ちよく走るには、ちょっとタイヤの空気を見てやってください。
チェーンに少し油を差してやってください。
サドルを踵がつかない高さまで上げてやってください。
(ブレーキだけは、しっかり止まれることを確認しておいてください)

これだけで、嫌な音のしない、漕ぎやすい、疲れにくい、楽しい自転車散歩になります。

« 2014.04.28の異物 | トップページ | インターポット広場が重い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、こんばんは

自転車散歩のことをポタリングと呼ぶのですね。
自転車じゃないと気付きにくい良い景色ってありますよね。

自分の場合は小さな路地や幹線道路の裏道みたいな所を走っていると…
馬頭観音の碑や庚申塔等を見つけると
そこに古い歴史のある道なんだと、興味が湧きます。
後日、「歴史的農業環境閲覧システム」で明治頃の古地図と現行道を比較すると面白いです。

ポタリングの前には自転車メンテとサドル上げですね。

力太郎さん いつも読んでいただいて有難うございます。
ポタリングってずいぶん昔からある言葉なんですが、なかなか普通に使われる言葉になりません。
自転車を用事のある時だけ使う道具ではなく、楽しむための遊びの道具にして欲しくて、こんな記事を書いてみました。

本当は、普段に乗る時でも、つま先が地面に着く位まで、サドルを上げた方が、力が入れやすくて軽く走れるんですが、楽しむためなら、このぐらいまでの労力は使ってもらえるかな?と、少しづつでも自分の体格に合った自転車に調整して欲しいと思っています。

力太郎さんは、結構楽しんでおられるみたいで、うれしいです。

びん沼が、旧荒川だったことが、よく分かりますね。
「歴史的農業環境閲覧システム」ちょっと、面白いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポタリングのすすめ:

« 2014.04.28の異物 | トップページ | インターポット広場が重い »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.2℃
    36.3℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車修理法の疑問はこちらへ

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ