« 丸善 アット@ランプ 入手しました。 | トップページ | livedoor Blogから撤退します。 »

2014年3月16日 (日)

アット@ランプ取り付け

前々から約束していた、孫の自転車でアット@ランプの検証をします。

ハブはjt(JOYTECH)の軽快車用ハブです。
140316_151827
玉押しロックナットの厚みは6mmです。

スペーサー無しで、スポークと防振ゴムは当たっていません。
140316_152256

取り扱い説明書に従えば、防振ゴムの予備で、厚みを増やすのですが、ハブのフランジと磁石の回転部を当てたかったので、6mmナットの厚みを4mmに減らして見ます。
140316_153349_1
付属の2mmナットとワッシャを使いました。

フォーク内側の塗膜が結構しっかりしています。
140316_155043

発電機とフレームの導通のために、菊座を使いました。
140316_155108

組み上りです。
140316_183056

ライトが点滅します。同期して、軽い異音がしています。
回転のサイクルと同期しているような気がしますが、まだ確認はしていません。

3枚目の写真を確認すると、ハブシャフトが少し曲がっているような気がします。
ハブシャフトの交換では、手間がかかってしまいますので、ワッシャを減らして見るなど、もう少し調整をしてみます。

【2016.02.19追記】
関連記事
https://anocora.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-0f99.html
https://anocora.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-5932.html

« 丸善 アット@ランプ 入手しました。 | トップページ | livedoor Blogから撤退します。 »

アット@ランプ」カテゴリの記事

コメント

あのこらさん、お疲れ様です
今日は暖かくて自転車日和?
春に近づいてるのを実感しました

アット@ランプの取り付けは自転車毎に細かな調整が必要みたいですね

異音は少し気になりますが…元々の構造的な部分から発する音か?
調整次第で消えるのか?で興味深いですね。


多分、説明書通りにやれば、音が消えるのかもしれませんが、自分なりに、取り付けのポイントになる部分を把握したくて、わざと、自分の判断で説明書と違った方法を試しています。

結果は、説明書通りになるかもしれませんが、試行錯誤することで、得られるものがあると思ってやっています。

結果を楽しみにしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アット@ランプ取り付け:

« 丸善 アット@ランプ 入手しました。 | トップページ | livedoor Blogから撤退します。 »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ