« ボトムブラケットオーバーホール | トップページ | ハンドルステム 臼取り出し »

2013年12月28日 (土)

ハンドルバー・フォーク

ボトムブラケットを外し終えたので、ハンドルと、フォークを外しました。

ハンドルは多少錆が出ていますので、錆を落としました。
左が錆落し後、右が錆落とし前です。
131228_141437_1

塗装の剥離まではしていませんが、全体の錆を落としました。
131228_143457 

錆止めをまず吹きました。
131228_144016

塗装して仕上がりです。
131228_162015

何とか、あまりムラが目立たず塗装出来ました。

フォークは、油拭きしたら、この程度に綺麗になりました。
131228_161709_3
小傷は少しありますが、後は、錆止めをして、ワックス掛けをして、組み上げたいのですが、ひとつ問題が残りました。
ハンドルポストの臼がフォーク内に残ってしまいました。
131228_150122

組立時にグリスアップされていなかったのかも知れません。

とりあえず、潤滑油は吹いてあります。時間を置いて、叩いてみて外れなければ、グリスアップして置きたいので、何とか工夫して引き抜いてみます。

« ボトムブラケットオーバーホール | トップページ | ハンドルステム 臼取り出し »

26インチ中古自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルバー・フォーク:

« ボトムブラケットオーバーホール | トップページ | ハンドルステム 臼取り出し »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ