« ペダルキャップ、チェーン清掃その後 | トップページ | 互換錠の調査 »

2013年12月10日 (火)

最大の難関 対処方針検討

泥除け、チェーンケースの清掃も終わりました。
ポリカーボネート製のようで、清掃だけで光が戻りました。
131209_123416_1_2

前カゴの変形も修正し、錆止め処理をしました。
131209_123334

後ブレーキは、少し当たっていたので、調整しました。
ケーブルのアウターも交換です。
変速ワイヤーはまだ痛んでいませんので、そのまま使用します。
変速操作は問題なく出来ました。
131209_123430_2 
後輪にスタンドがないので、スタンドの厚み分、矢印のスペーサーが入っています。
131209_162152

最大の難関が、これです。
鍵がないので、乗れません。
近くの鍵屋さんに相談してみましたが、作れないと断られました。
鍵番号が不明なので、スペアキー の取り寄せも出来ません。
131209_123908

1.純正部品の取り寄せ。
2.普通のシートポストへの変更。
3.錠の交換
4.鍵なしで乗れるように改造する。

1は、一番現実的です。一応、入手出来るルートのあてもありますが、費用が一番掛かりそうです。
2は、同じサイズのシートポストは有りました。PROMAX(プロマックス)アルミ シートポスト
軽くなりますし、価格も手ごろです。
問題は、センタースタンドが使えなくなることです。
鍵と、スタンドを交換すると、それなりの金額になります。
3は使える錠が入手できるか、現時点では不明です。
こんな候補は見つけました。C-701型カムロック
シートポストの交換より、価格も抑えられます。
4は、最後の手段です。
とはいっても、実現の可否は現状では不明です。

3.のカギ交換を本命として、まずは、錠の取り外しを考えます。

« ペダルキャップ、チェーン清掃その後 | トップページ | 互換錠の調査 »

パナソニック ガチャリンコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最大の難関 対処方針検討:

« ペダルキャップ、チェーン清掃その後 | トップページ | 互換錠の調査 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.0℃
    36.4℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ