« 耐パンクタイヤのパンク修理 | トップページ | 再切削 »

2013年10月12日 (土)

ライトコード処理-1

後輪のダイナモは音もうるさく、ライトが光らなかったので、ハブダイナモに変更してあります。

テールライトも発光するタイプですが、ハブダイナモからの結線はしていませんでした。

フレームに内臓のコードを交換し、ハブダイナモから、テールライトへの結線をしようとしました。

ダイナモはソービッツが付いています。
131011_134558

テールライトへの配線です。
泥除けのステーに巻いて配線してありました。
131011_134626

アルミ製の泥除けステーに曲がりがあり、テールライトの取り付けも傾いていたので、併せて修正しようと、マッドガードレンチを引っ張り出しましたが、うまく使えませんでした。
131011_134657

内臓の古いコードに、新しいコードを縛り、引き抜こうとしましたが、どこかで、固定されているのか、古いコードが、どちらから引いても動きません。

切れてしまうと却って厄介なので、BBを外そうとしましたが、右ワン、左ワンとも手持ちの工具では口径が合わず、挟めません。面取りの幅が45mm位ありそうです。
131011_152215

大きな、スパナを買ってくれば、済むんですが、メタルリンクブレーキのブレーキドラムの切り欠き幅と近そうなので、さほど急ぐ作業でもないので、一時中断して工具の検討をします。

« 耐パンクタイヤのパンク修理 | トップページ | 再切削 »

ドイツ製?軽快車 PEGASUS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライトコード処理-1:

« 耐パンクタイヤのパンク修理 | トップページ | 再切削 »

今日の体温(下は昨日)

  • 35.9℃
    35.9℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ