« ブレーキシュー交換 | トップページ | 切削失敗 »

2013年10月 6日 (日)

ブロックの切り出し

フライス盤を使えるようにする為の作業を進めています。

フライス盤がどんなものか、体験中です。

今日は、鉄のブロックを切り出しました。
Tナット用に買ってきた、鋼材を加工する為の、押さえ板にする予定です。
寸法も計らずに、適当に削っています。

鋼材のカット用の道具があれば、いいのですが、金鋸では、大変なので、フライス盤でカットしました。
ボール盤用用のバイスに咥えて、5mmのエンドミルで0.5mm位づつ、往復しながら切り込んでいます。
131006_144239

加工材の下には、同サイズの鋼板を置き、カットする部分をクランプで、下の鋼材と固定しています。
131006_154121

概ね、25x40 t=12のブロックが4個出来ました。
咥え部分の加工をして、高さをあわせ、8mmのキャップスクリューが通る穴を開けます。
面の平行度、直角などは、まだ気にしていません。
131006_171158

作業中に確認したら、4枚歯の内、2枚歯先が欠けていました。何とか切削は出来ているので、最後まで作業をしましたが、まだ、無理な力を加えている様です。

しばらくは、安いエンドミルを探して、駄目にしながら、切削条件を見極めなければならないようです。

« ブレーキシュー交換 | トップページ | 切削失敗 »

金属加工」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロックの切り出し:

« ブレーキシュー交換 | トップページ | 切削失敗 »

今日の体温(下は昨日)

  • 36.0℃
    36.4℃

スライムパンク防止剤被害低減プロジェクト

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

自転車修理法の疑問はこちらへ

ブログランキング

カテゴリー

無料ブログはココログ