« 修理コードの挿入処理_2 | トップページ | 今年も、グリーンカーテン用ネット張り »

2013年5月 3日 (金)

修理コードの挿入処理 完了

昨日悩んでいた、修理コードの加算処理ですが、データを降順に並べ替えたとしても、並び順に処理が進む訳ではないという事が判り、インデックスを固有から重複ありに変更しました。

変更方法が判らず、一旦削除して、再度作る事で、対処しました。

【VBAコード】
'M_料金のインデックス設定変更
    tb.Indexes.Delete "修理コード"
 
    Set idx = tb.CreateIndex("修理コード")
    idx.Fields.Append idx.CreateField("修理コード")
    idx.Unique = False

    '作成したIndexを追加
    tb.Indexes.Append idx
 
Cmd フォームにも挿入のコマンドボタンを追加しました。

 

 

 

Code 空白のレコードが、追加された修理コードです。

前後の関連で、見通しの良い、マスターデータが作成できるようになります。

 

 

今のところは、加算処理が終わっただけですが、同じ流れで、減算処理も可能です。

加算、減算が出来れば、変更処理の実装は出来ますが、変更ボタンの意味を理解してもらえる画面作りの方が、難しそうです。しばらく使いながら、フォームは判り易く変更していきます。

« 修理コードの挿入処理_2 | トップページ | 今年も、グリーンカーテン用ネット張り »

Access 業務管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 修理コードの挿入処理 完了:

« 修理コードの挿入処理_2 | トップページ | 今年も、グリーンカーテン用ネット張り »

スライムパンク防止剤被害

川越市周辺の自転車屋MAP

埼玉県内出張修理店情報

自転車出張修理のブログ

カテゴリー

無料ブログはココログ

ブログランキング